「マナバスイートリゾートタヒチ」と「カルフール」でおみやげゲット!

スポンサードリンク

ランギロア島からタヒチ本島のパペーテへ

ランギロア島での生活も今日で最後。

午後からはタヒチ本島のパペーテに移動して、
1泊してから日本に帰ります。

帰りも行きと同じ飛行機に搭乗!
もちろん、キンキンに冷えたパインジュースもいただきました♪
%e3%83%91%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%83%86%e3%81%b8

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タヒチ本島のホテルへ到着!

ランギロア島から、パペーテに到着!

そこからバスで30分ほど揺られて、
タヒチで最後の宿泊先である
「マナバスイートリゾートホテル」
に到着でございます!

マナバスイートリゾートホテル内

まずは入り口ね!
これは夜にホテルの外で撮ったものなので暗いっす(^o^)
実際にホテルに着いたのは14時くらいだったかな。
manava!
manava%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab

部屋の室内の様子。

まずはシャワー室。
%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%af%e3%83%bc%e5%ae%a4

浴槽がありやす。
%e3%83%90%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%96

なんと、広いキッチンまで!
%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b3

そして、部屋の奥に進んでいくと・・・
%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e9%83%a8%e5%b1%8b%e5%bb%8a%e4%b8%8b

部屋の外にテラスが!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、テラスからは24時間利用可能なプールが見え、
その奥に広い海が見える・・・

マナバリゾートホテル、サイコー!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはフロント。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてフロントのある本館には、
タヒチの守り神らしき像が2つ。
%e5%ae%88%e3%82%8a%e7%a5%9e%e7%94%b7

%e5%ae%88%e3%82%8a%e7%a5%9e%e5%a5%b3

おまけ

タヒチのエレベーターは、
0階から始まる!!
2階に移動しようとしたら、1階のボタンを押さないといけない・・・
%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%af0%e9%9a%8e%e3%81%8b%e3%82%89


スポンサードリンク





カルフール(Carrefour)でお買い物

タヒチには大型スーパー「カルフール(Carrefour)」があります!

マナバリゾートホテルからは
バスで15分ほど!

パペーテ方面に向かえば良いとのことで、
日本へのお土産を買いに行ってきました~!

バスで移動だが難易度は低くない・・・

フロントで確認したところ、
ホテルの前の通りからカルフール行きのバスが出てるとのことで
バス停を探す。

おっ?これか?
%e3%83%90%e3%82%b9%e5%81%9c

ここでバスを待つのね。
時刻表も無いから、
とにかく延々と待つ。

う~ん、中々車が多いね。
ランギロア島とは全然雰囲気が違う。

都会だ。
%e4%b8%ad%e3%80%85%e8%bb%8a%e3%81%8c%e5%a4%9a%e3%81%84

バスが来ない・・・

来てもスクールバスばかり。
子供しか乗ってなくて、
乗ろうとしたらやっぱりダメだと言われる(笑)

かなりの暑さの中、30分ほど待ったところ、
またスクールバスらしきバスが来たので、諦めようとすると・・・

中からオバチャンが声をかけてくれた!

オバチャン:「パペーテ!?パペーテ!?」

ボク:「カルフール!カルフール!」

全然通じてないけど、
話してる途中で、パペーテ行きのバスに乗ればイイことに気づき、
パペーテに行くことにしてバスに乗り込んだ。

降りるタイミングも全くわからないけど、
タヒチのオバチャンありがとう!

そしてとりあえずシートに座ってソワソワと
カルフールで降りるタイミングを探る。

パペーテに行く途中で降りないといけないからね!

すると後ろの席の若者が英語で話しかけてきた。

あなたは何人?英語喋れる?って。

そして、行きたい場所がカルフールだと伝えると、

若者:「このバスで大丈夫!」
若者:「降りるときも教えてあげる!」

とのこと!
なんて優しい(;´Д`)

若者:「一人あたり150パシフィックフランを前払いが必要だよ!」

おぉ、いま払うのね!

さっきのオバチャンがお金を取りに来てくれて、
500パシフィックフランのお札で支払った。

若者:「200パシフィックフランのお釣りがあるから確認してね!」

おぉ、そんなことまで教えてくれるとは!

オバチャンも若者も優しい!!

若者はマーク・ハントみたいにゴツい男性なんだけど、
すごく笑顔が優しくて、めちゃんこ嬉しかった!

ありがと~!(T_T)

そして、無事に下車。

この黄色いバスね!
%e9%bb%84%e8%89%b2%e3%81%84%e3%83%90%e3%82%b9

カルフール、駐車場が広い!
大型スーパー丸出し!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カルフール到着!!
%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%ab

ちなみに、店内は撮影するのはよくないと思い、
写真は撮ってないっす(^_^)

帰りのバスにも苦戦

ホテルへの帰りももちろんバス。

でもね、みんなバス停で待ってるけど、
自分の家族の車を待ってたり、
目的地が違ったりする。

そのため、他の人たちと同じようにずっと待ってたらダメっすよ!

ボクは他の人たちの動向を見て、
バスに乗り込もうと思ってたけど、失敗したので(^_^;)

3本ほどバスをスルーしてしまったので、
4本目に来たバスに満を持して乗り込んだ!

運転手さんにマナバホテルに行くか聞いてみると、

運転手:「イエローバス!」

と言われてしまった。

そのバスはピンクっぽい色のバスで、

マナバホテルには黄色いバスに乗らないといけないとのこと。

そりゃそうか。行きのバスと同じだね(^_^;)

そしてようやく黄色いバスの乗り込むことに成功。
イエローバスね!

でもね、行きと違って満員ですわ!

座れないし、立っててもキュンキュンに混んでる!

「降りるタイミングわからんし、すぐ降りれん!!」

と心配しながらバスに揺られる。

すると、座ってるオバチャンが話しかけてきて、

オバチャン:「どこで降りるの?マナバ?」

なんと優しい!!

マナバホテルに行きたいと伝えると・・・

オバチャン:「降りるときにこのボタンを押さないといけないよ!」

ボクたち:「おぉ、さんきゅー!(降りる場所がわからんし、混んでてボタン押しにくい・・・)」

オバチャン:「降りるときにワタシがボタン押してあげるから大丈夫よ!」

ギャース!
なんて優しい・・・!

自転車で島を爆走したとき、
ランギロア島の人たちは
すれ違うたびに

「イアオラナ~」

と笑顔で挨拶してくれる人が多かった。

もちろん、お互い知らない人同士。

しかしタヒチ本島となると、
人そのものが多いため、
すれ違うたびに挨拶なんかはしない。

でもね、やっぱり人が優しいんすよ。

根本的にタヒチの人は優しい。

ボクらが観光客だと分かりやすいのもあるかもしれないけど、

だからこそ、慣れずに困ってるようなボクらに話しかけてくれて

助けてくれる。

カルフールへの行き帰りのバスで
現地の人の優しさに触れて、
タヒチに来て良かったって心から思いました(T_T)

次回予告

次回はタヒチ最終日のマナバリゾートホテルでのディナーなど!

もうすぐ最終回っす!お楽しみに(^_^)
南の島への新婚旅行(ハネムーン)ならタヒチのランギロア島

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たらけん

プロフィール 管理人:たらけん 性別:男 年齢:35歳 元SE(システムエンジニア)です! 携帯電話のシステムや、 自動車の組込みシステム開発をしていました。 そして、テレアポしまくり、飛び込み営業アリの営業を経験し、 会計事務所に勤め、独立のための軍資金を集めるために、 ブログを作ってアドセンスに挑戦中。 このブログで、 アドセンス成功例を報告していけたらと思っています! みなさん、応援してくださいな(^o^)