ダビマスで30年以内に10年連続G1馬を出す簡単な調教方法!

スポンサードリンク


ゲーム開始30年で資金を貯めまくろう!

チワッス!たらけんです。

ダービースタリオンマスターズ、楽しいっすね♪

スマホアプリでダビスタをできる日が来るとは・・・

でも、友人の一人から、

「全然勝てないから面白くなくなってきてる」

っていうLINEが・・・

ちょっと待って!コツ教えるから、一緒にやろう!(笑)

ってことで今回の記事を書くことになった(^_^;)

ダビマスは、ゲーム開始30年は「行動力」が減らずに
ずっとゲームやり放題なんです。

この30年で、牧場運営のための資金を貯めまくることが
ゲームをスムースに進めるためのコツだとボクは考えています。

そのため、ゲーム開始30年で資金を貯めるための
馬の育て方をお伝えしていこうというのが今回の記事っす!

調教は自分でしたいよね!

有望だと思える馬ができた場合は、自分で調教して育てたくなるもの!

とはいえ、どのように調教をすすめていくのが良いのかが分からない・・・

そんな人のために、新馬の入厩からデビュー戦までの調教方法をお伝えしまっす!

ここで重要なのが、馬体解析結果。

馬体解析をやって、スピードが「C」ランク以上の馬を育てましょう!

%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%89c

「タラケンノキズナ」というボクの馬の能力。
これくらいの能力でもGⅠは勝てるようになります!

スピード「C」でGⅠ勝てるものなのです。

10年連続どころか、毎年GⅠ馬が作れるということです!

ちなみに、昔のダビスタでは「売値」を確認することによって、
それなりに強い馬かどうかを判定することができたんです。

でも今回のダビスタは、良い種牡馬から産まれた産駒は
強くなくてもそれなりの「売値」になっているっぽい。

そのため、「売値」は今のところそこまで強さの判断基準には入れていないです。

ちなみに、スタミナは「E」ランクとかでも気にしなくて良いです。

今回は、短距離馬に限定した育て方をお伝えしますので!

中長距離馬は、「スピード」のみでなく、「スタミナ」も意識しないといけないので、
ゲーム序盤で育てるのはまだ難しいですからね。

いまは、短距離馬を量産して、ガンガン資金を稼ぐことを最優先で
ゲームを進めていきいまっしょい!

それでは、入厩後からの調教方法を書いていきますね!

かなりシンプルな調教方法なので気楽に読んでくださいな(^_^)

入厩後

週二回は「芝、強め」を延々とデビュー戦まで続けましょう。

とにかくスピードを付ける。

デビュー後は、レースに出まくって稼がせるため、
今のうちに調教でスピードを上げておきましょう。

デビュー直前

「ダート、併せ」「ダート、強め」を毎週繰り返そう。

併せ調教のおかげで馬体は絞られてきますので。

これを1ヶ月ほどやれば、調教師さんに馬体重が重いって言われなくなります。

そこであとは体重が減りすぎないように「ダート、強め」を繰り返し、
調子が上がってきたころにデビュー戦!

デビュー後

「ウッドチップ、強め」でスタミナとスピードを少しずつでも上げる。

でも、「ウッドチップ」での調教の一番の目的は能力アップではないんです。

デビュー後は、レースに出しまくって賞金を稼いでもらうのです。

そのため、できるだけ足に負担の軽い調教をしていきたいため、
「ウッドチップ」を活用するのです。

「併せ」調教はあまり使っちゃダメ?

調子を変えるためには「併せ」をたまに使うのは良いです。

でも、レースに出しまくる手法のため、
そもそも馬体重が減りすぎている傾向があります。

そのため、ボクが今回この記事に書いているやり方では、
「併せ」はあまり使わない方が良いです。

「馬なり」は調子維持のために使おう

調子を維持するために「馬なり」を使うのはアリです

ほどほどの調子のままでもレースで勝てるのなら、
賞金を稼ぐためにレースに出しまくろう!

デビュー後は、いかに好調を維持しながら
レースに出しまくって賞金を稼ぎまくるか!

というのが今回お伝えする手法ですので(^_^)


スポンサードリンク



まとめ

※馬体解析結果のスピードが「C」以上の短距離馬用の調教方法です。


【入厩後】

週二回は「芝、強め」を延々とデビュー戦まで続ける

【デビュー直前】
・毎週「ダート、併せ」「ダート、強め」で馬体を絞る

・馬体が絞れて、調子が上がってきたらデビュー!

【デビュー後】
「ウッドチップ、強め」でスタミナも上げつつスピードも上げつつ・・・

デビュー後はレースで多用するため、
足をいたわる調教をしよう。

そして調子が上がったらすぐにレースに出しまくり、
牧場の運営資金を稼ぎまくりましょう♪

おわりに

過去のダビスタでは、レースに出すことで
「芝」の調教効果があり、スピードがつくというシステムだった。

そのため、とにかくスタミナをつけるために
調教では「ダート」がメインだったんです。

でも、ダビマスでも同じシステムなのかはまだ不明なのです・・・

今回の記事の調教方法で資金を貯めたら、
中長距離馬を作ることになりますよね。

そうしたら色々試行錯誤して試してみますので、
また報告していきまっす♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



【関連記事】
【ダビマス】仔馬の能力と売却価格の関係性を実験して調べてみた結果!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たらけん

プロフィール 管理人:たらけん 性別:男 年齢:35歳 元SE(システムエンジニア)です! 携帯電話のシステムや、 自動車の組込みシステム開発をしていました。 そして、テレアポしまくり、飛び込み営業アリの営業を経験し、 会計事務所に勤め、独立のための軍資金を集めるために、 ブログを作ってアドセンスに挑戦中。 このブログで、 アドセンス成功例を報告していけたらと思っています! みなさん、応援してくださいな(^o^)