ソフトバンクからワイモバイルにのりかえをオススメするメリットは3つ!

スポンサードリンク

Softbank(ソフトバンク)のサブブランドであるワイモバイルは、正確にいうと格安SIMではありません。

ですがその価格の安さなどから、格安SIMと並んで比較されその中でも一、二を争う人気があります。

Y!mobile(ワイモバイル)をオススメする3つの理由

ワイモバイルは、格安SIMと安さと大手キャリアのサービスの両方を兼ね備えている会社です。

ですから極端な安さこそありませんが、サービスの良さと価格のバランスが非常に良いのが特徴です。

ここではワイモバイルをオススメするポイントを3つに絞って紹介していきます。

有人店舗の多さ

Softbankのサブブランドという地位を活かして、全国的に販売店を設置しています。

また、セット販売の分野でも力を入れています。

格安SIMは、その安さを実現するためにサービス関係をできる限り削っています。

そのため、実店舗を持たずにインターネット販売専門の会社や、
モデル店舗が都市部に数店舗ということも珍しくありません。

しかし、ワイモバイルの場合は全国的にショップを設置しており、
家電量販店などでも幅広い取り扱いをしています。

そのため、NTTドコモやau(KDDI)のような大手キャリアのように、

「機種を実際に触った上で選びたい」

「店員の方と相談しながら契約を決めたい」

という需要に答えることができるのです。

サービスと安さのバランス

契約面についても、一般的な格安SIMより大手キャリアに近い形になっています。

たとえばCMなどでお馴染みの「1,980円(ワンキュッパ)」は、
端末とのセット販売で一定期間利用することを前提とした契約であり、
俗にいう「縛り」で実現しています。

この縛りだけを考えると、

「大手キャリアと大きく変わらないのでは?」

ということになってしまいますよね。

もちろん、他に大きなメリットがあります。

一回あたり10分以内の通話であれば、回数無制限で通話料無料のかけ放題、
Yahoo!サービスとの連携など安価な価格でのフルサービスを実現しているのが非常に魅力的なのです。

他の格安SIMと比べると若干高めではあるのですが

「大手キャリアのようなサービスを受けつつ安価に携帯を利用したい」

という方には、ピッタリのキャリアであるといえます。

ポケットWi-Fiという選択も?

ワイモバイルが提供するモバイルルーターである「ポケットWi-Fi」は、
モバイルルーターの代名詞のように扱われるほど人気がある商品です。

ノートパソコンを持ち歩く方や、
ゲームはゲーム機でやるからスマホはあまり使わないという方などは、
スマホ契約ではなくポケットWi-Fiを利用するという選択肢もあります。

場合によっては携帯とモバイルルーターの二つを契約するという方法もあります。

アナタの生活に合う契約プランを選択するようにしましょう。

「大手キャリアのようなフルサービス」「格安SIMの安さ」を実現しているワイモバイルは、
携帯料金を安くしたいが、それでもシッカリとしたサービスを受けたいという方におすすめできる会社となっています。

もちろん最終的には、契約内容を吟味して、自分にあった会社とプランを選ぶ事が大切です。その選択肢の中にワイモバイルを追加しない理由はないですよね。

関連記事はコチラ!
ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えるのならメリット9割!デメリット1割!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たらけん

プロフィール 管理人:たらけん 性別:男 年齢:35歳 元SE(システムエンジニア)です! 携帯電話のシステムや、 自動車の組込みシステム開発をしていました。 そして、テレアポしまくり、飛び込み営業アリの営業を経験し、 会計事務所に勤め、独立のための軍資金を集めるために、 ブログを作ってアドセンスに挑戦中。 このブログで、 アドセンス成功例を報告していけたらと思っています! みなさん、応援してくださいな(^o^)