【京橋】「酒笑肴笑 いち味」名物女将と料理長の上品で繊細なおでんが楽しめる!

スポンサードリンク


酸いも甘いも知り尽くした元ホステスの名物女将と
シャイで無口な隊長こと料理長が
お酒好きと食いしん坊のために
他では味わえないお料理の数々を提供しています。

大阪のテレビ番組でも度々登場する京橋で
マスコミにも取り上げられた
「酒笑肴笑 いち味」をご紹介します。

白だし香る盛り付けも美しい京風おでん


京橋駅から京橋中央商店街を北に進みます。

京橋と言えば、グランシャトーがあまりにも有名で
グランシャトー周辺のごちゃっとした通りは
テレビの取材もよく訪れていますが、
こちらの商店街はとても静か。

いくつかの人気店がある
知る人ぞ知る京橋の穴場スポットです。

こじんまりとした店構、
店内に入ると白木で統一されたカウンターや椅子など
清潔感があり、上品で粋な落ち着いた雰囲気です。

1階にはカウンター、
2階では宴会もできます。

シックな照明と内装は
大衆居酒屋というよりも
気軽に入れる割烹居酒屋という感じ。

こちらのお店は白だしを使った京風おでんや
和の創作料理が自慢。

おでんは味だけではなく、
一品一品が食べやすい大きさで
盛り付けもとても美しく、こだわりが感じられます。

美味しいを細やかに届けられる訳は?


男性の気持ちも分かる女将と
女性の繊細さも併せ持つ料理長という
ちょっと他にはないコンビだからこそ、できるお料理です。

1階のカウンターに座ると
絶妙のタイミングで女将が声をかけてくれます。

女将との会話も楽しみながら
お酒とお料理をゆったり味わえます。

一品料理は
豆腐のかば焼きやブロッコリーと人参のポテトお焼き、
和風ミートローフなど
どれもひと工夫、ふた工夫された創作料理です。

おでんは100円~510円まで。
大根、はんぺん、もち巾着などの
おでんの代表的な具もあれば、
すじねぎ袋や蓮根餅などいち味でしか
食べられない具もあります。

どれにするか迷ったら
隊長のおまかせセット(4品)にするのもありですね!

店舗情報


■店名:いち味
■住所:大阪市都島区都島南通2-14-21
■電話番号:
■予約:予約可能
※電話・ネット予約が可能です。

■アクセス:JR各線京橋駅から徒歩7分
■営業時間:18:00~翌2:00(L.O.1:30)
■定休日:水曜日

■予算:3,000~5,000円
■メニュー

豆腐のかば焼き 480円
ブロッコリーと人参のポテト焼き 480円
空豆の塩麹焼き 480円
和風ミートローフ 680円
かつお酒盗 510円
長芋のから揚げ 510円
鶏のから揚げ 510円

【おでんメニュー】
大根・絹あげ・紅白こんにゃく・焼とうふ
手羽・もち巾着・はんぺん(各260円)
がんも・じゃがいも・きのこの森(各310円)
とろとろ玉子・春雨(各360円)
ねぎまぐろ・すじねぎ袋(各410円)など

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

たらけん

プロフィール 管理人:たらけん 性別:男 年齢:35歳 元SE(システムエンジニア)です! 携帯電話のシステムや、 自動車の組込みシステム開発をしていました。 そして、テレアポしまくり、飛び込み営業アリの営業を経験し、 会計事務所に勤め、独立のための軍資金を集めるために、 ブログを作ってアドセンスに挑戦中。 このブログで、 アドセンス成功例を報告していけたらと思っています! みなさん、応援してくださいな(^o^)